防災時ハウツー
 
地震の心得 10ヶ条


もし阪神・淡路大震災のような大地震が再び襲ってきたら…
いざという時的確に対処できるように、「地震の心得10か条」をしっかり
覚えておきましょう。
 

(1)まず我が身の安全を図れ

  なによりも大切なのは命。地震が起きたら、まず第一に身の安全を
      確保する。
 

(2)すばやく火の始末~あわてず、さわがず冷静に~

  「火を消せ!」とみんなで声をかけあい、調理器具や暖房器具などの
       火を確実に消す。
 

(3)非常脱出口を確保する

  とくに鉄筋コンクリートの建物内にいるときは、閉めたままだと
     建物がゆがみ、出入り口が開かなくなることがあります。
 

(4)火が出たらまず消火

  「火事だ!」と大声で叫び、隣近所にも協力を求め初期消火に努める。
 

(5)外に逃げる時はあわてずに

  外に逃げる時は、瓦やガラスなどの落下物に注意し、落ち着いた
  行動を。
 

(6)狭い路地、塀ぎわ、がけや川べりに近寄らない

  ブロック塀・門柱・自動販売機などは倒れやすいので要注意。
 

(7)山崩れ、がけ崩れ、津波に注意する

  山間部や海岸地帯で地震を感じたら、早めの避難態勢を。
 

(8)避難は徒歩で、持物は最小限にする

  指定された避難場所に徒歩で避難を。車やオートバイは使わない。
 

(9)みんなが協力しあって応急救護

  お年寄りや身体の不自由な人、ケガ人などに声をかけ、みんなで
  助け合う。
 

(10)正しい情報をつかみ、余震を恐れるな

  うわさやデマに振り回されない。ラジオやテレビで正しい情報を。


 

災害時のライフラインは?


電気

設備に異状が発生しない限り供給されます。
 

水道

設備に異状が発生しない限り供給されます。ただし設備に異状が
発生しなくても、一斉に水道を使用した場合、水圧が下がり水が
出にくくなることがあります。
 

ガス

各家庭に設置されているマイコンメーターガスが震度5程度で
ガスの供給を遮断します。
ガスの製造工場から各家庭をつなぐガス管も、一定の揺れを
感知するとガスを遮断するシステムになっています。
※各地域のガス会社やプロパンガスなどの供給方式によって
異なる場合がありますので、確認してください。

 

電話



 
●災害用伝言ダイヤル利用法
「171」をダイヤルし、ガイダンスに従って伝言の録音・再生を行ってください。
地震直後には一般回線の利用が制限されるため、電話は通じにくくなります。公衆電話は一般の電話より通じやすくなっていますが、公衆電話はあまり設置されていません。
また地震発生直後は、防災関係機関の通信を確保する必要上、とくに必要のある場合以外は電話を控えるようにしましょう。


郵便局
・預金通帳があれば印鑑がない場合でも預金の全額を支払う
・保険料の払い込み期間を延ばす
など、地域に災害救助法が発動された時などに、郵便貯金と
簡易保険の取り扱いについて特別措置が取られます。
※非常時取り扱い措置についての詳細は、郵便局まで
 お問い合わせください。