備えあれば憂いなし
 
非常持出品を準備しましょう!



一次持出品は、災害が発生して避難するとき、まず最初に持出すべきものです。



 
貴重品 現金(10円硬貨は災害時の必需品。公衆電話の利用に便利)、預金通帳、印鑑、免許証、権利証書、健康保険証など。
携帯ラジオ AMとFM両方聞けるものを。予備電池は多めに用意。
懐中電灯 できれば一人に一つ。光が強く頑丈で防滴性に優れたものがよい。予備電池も忘れずに。
緊急連絡先ノート 緊急時に必要な連絡先や重要事項などを記入しておく。被災後のメモ帳としても使う。筆記用具も。
ヘルメット・
防災ずきん
頭部のサイズにきちんと合ったものを選ぶ。
応急医薬品 ばんそうこう、傷薬、包帯、胃腸薬、鎮痛剤、解熱剤、目薬、消毒薬、体温計、ガーゼ、三角巾、はさみ、とげ抜きなど。持病のある人は常備薬も忘れない。
非常食品 カンパン・缶詰・栄養補助食品など調理せずにそのまま食べられるもの、水にひたすだけで食べられるドライフーズなど。缶入りやペットボトルのミネラル ウォーターなどの飲料水。水筒、プラスチック紙製の皿やコップ。わりばし・スプーン・フォーク・缶切り・栓抜き。乳幼児・お年寄り・病人用に、缶詰やびん 詰めの離乳食、粉ミルク、レトルトのおかゆなども必要にお弄て用意する。
その他の生活用品 下着・上着・靴下などの衣類、軍手、タオル、ティッシュペーパー、ウェットティッシュ、雨具、ライター・マッチ、ビニール袋、生理用品、紙おむつ、予備のめがね・補聴器、ホイッスル(身動きがとれなくなった時に助けを呼ぶために使う)、地震のあとは室内でもガラスが割れてけがをします。寝室などにも靴を用意しておきましょう。


 






























二次持出品は、災害復旧までの数日間を自足できる
ように準備しておくものです。
最低3日分の用意が必要ですが、できれば5日分は
準備しておきたいものです。

非常食品 調理せずに食べられるか、簡単な調理で食べられるものが便利。乾パン、缶詰のパン・おかず、栄養補助食品、アルファ米、レトルトのごはん、ドライフーズ、 インスタントラーメン、切りもち、梅干し、インスタント味噌汁、チョコレート・アメなどの菓子類、氷砂糖、はちみつ、調味料など。
飲料水 飲料水は一人1日3リットルを目安に。缶入りやペットボトルのミネラルウォーターがよい。ペットボトルよりも缶入りの飲料水のほうが長もちする。やや重いが、アルミ缶よりスチール缶のほうが丈夫。
燃料 卓上コンロ、携帯コンロ、固形燃料など。ガスボンベのストックも忘れずに。
生活用水 風呂や洗濯機に備蓄しておく(幼児に注意してフタをしておく)。風呂や洗濯のあと、中を空にしないで水をためておくようにする。寝る前にはやかんやポットにも水を入れておく。ポリタンクにも保存しておくとよい。
その他の生活用品 毛布、寝袋、便秘薬やかぜ薬などの医薬品、洗面用具、なべ、やかん、バケツ、トイレットペーパー、携帯トイレ、使い捨てカイロ、ろうそく、さらし、ロー プ、バール・スコップなどの工具、地図、方位磁石、太いマジックペン、ドライシャンプー、せっけん、ポリタンク(水を運ぶ)、新聞紙(燃料、防寒)、ビ ニールシート(敷物、雨避け)、布製ガムテープ(荷物の整理、止血、ガラスの補修)、キッチン用ラップ(止血、よごれた皿にかぶせて使う)、ペットフード (ペットがいる場合)、自転車など。


























■非常持出品は定期的に点検を
非常持出品は、使用する時に支障のないように、定期的に
点検しておきます。とくに食品や飲料水の賞味期限は
まめにチェックし、賞味期限が迫ったものから順に
入れ替えておきましょう。

■避難するときは安全な服装で
・服は長そで、長ズボンを着用する(材質は燃えにくい
木綿製のものを)。
・軍手(手袋)を着用する。 ・靴は材質が厚く丈夫な
 ものを履く。
・ヘルメットや防災ずきんをかぶる。
・非常持出品はリュックサックに入れて背負う。その他の
  持ち物もポケットに入れたりヒモで肩にかけるなどして、
  両手を使えるようにする。
アウトドア用のベストを着ると、いろいろなものが収納
できて便利。

■安全に避難するための八か条
(1) 避難する前に、もう一度火元を確かめる。
(2) 荷物は最小限にする。
(3) 家には避難先や安否情報を記したメモを残す。
(4) 長そで・長ズボンなどの安全な服を着用し、
         ヘルメットや防災ずきんで頭を保護する。
(5) 避難は徒歩で。車やオートバイは厳禁。
(6) お年寄りや子供の手はしっかりと握る。
(7) 避難はできるだけ指定された避難場所へ。
(8) 避難場所へ移動する時は、狭い道・塀ぎわ・
         川べりなどは避ける。

■防災メモ
あわてた時には、普段覚えていることでも思い出せなく
なります。メモは立派な防災対策なのです。
防災メモ表(PDF)をダウンロードして記入しましょう。