困ったときには・・・

 
トラブル別に対処法をアドバイスします

(すべての場合にあてはまるとは限りません。不明の場合は、
管理者や専門家、行政機関に確認のうえ行ってください)



   
     



トイレのトラブル

 

■トイレにものが詰まった場合は?


ラバーカップを使用してつまりものを吸い上げてください。


(1) 便器の排水口いっぱいにラバーカップを押しつける。
(2) 勢いよく手前に引く※水が不足すると効果が
      なくなるので注水する。







 

■トイレの水が止まらない場合は?


ロータンクのレバーを2~3回動かしてください。
それでも止まらない場合は以下の点をご確認ください。


(1) ロータンク内のゴム弁を持ち上げる鎖が引っかかったりからまったりしていませんか?
(2) 浮き玉の止まる位置がオーバーフロー管より高い位置になっていませんか?
 浮き玉がどこかに引っかかっていませんか?
※ロータンク内を調べる時は、ロータンクの止水栓を必ず締めてください!
(3) 消臭洗浄剤(タンクに直接入れるもの)は詰まりの原因となる場合があるので使用しないでください。


玄関のトラブル

 


 

■玄関ドアの閉まりが悪い場合は?




(1) がたつき・きしみの調整:蝶番がゆるんでいる時はネジをしっかりと締め直してください。

(2) 閉まるスピードの調整:ドア上部のドアチェッカーでコントロールしていますので、ドアチェッカー本体の側面にある調整部分をドライバーなどで調整してください。
 

■インターホンが鳴らない場合は?



電池式の場合は電池を取り替えてください。 コンセントの場合はコンセントの差し込みをチェックしてください。

屋外のトラブル


■冬のトラブルについて~水道凍結を予防しよう



(1) 家を留守にする場合でもブレーカーは落とさないでください。
(2) 家を長期間留守にする場合、水道・メーターボックス内の元栓を止め、
        室内の蛇口を開き水抜きを行ってください。
(3) 寒さの厳しい夜は蛇口を開き糸状に出しておいてください。
(4) 寒さの厳しい夜は外釜(屋外給湯器)は必ず水抜きをしてください。
(建物によっては不適な場合もありますので、不明の場合は管理会社や
  ガス会社に尋ねてください)
 

やりかた

(1) 左図のストップバルブを閉めて
       ください。

(2) 室内の給湯蛇口を開いて下さい。

(3) 左図の給水水抜栓及び給湯水抜栓を開いて
        ください。
※メーカー・機種により異なりますが、水が室内の
   給湯蛇口より出るタイプ及び給湯器本体より出る
  タイプの二種類がありますので、タイプにあった
  対応をしてください。

(4)  十分に水抜きが出来た時点で給水栓・給湯栓
      及び給湯蛇口をキッチリ閉めてください。

※注意 ガス配管には絶対触らないこと。

 

  

■共有スペースでのトラブル


階段、踊り場、廊下などは共用スペースですので、個人で使うことはできません。
また、いざという時の避難経路ともなりますので、勝手に物を置いたりゴミを捨てたりするのはやめましょう(近隣同士のトラブルのもとにもなります)。





 

室内のトラブル

 











 

■エアコンが効かない時は?

(1) コンセントが差し込まれていますか?

(2) 室内機の操作部の電源は入っていますか?

(3) ブレーカーが下りていませんか?(漏電ブレーカーが下りてしまう時は管理会社・家主へご連絡ください)

(4) 室内機、室外機の吸い込み口や吹き出し口はふさがれていませんか?
また、フィルターが汚れていませんか?(フィルター掃除は1ヶ月に一度位はするようにしましょう)
 

以上の点を確認し、取り扱い説明書を読んでも効かない場合は管理会社・家主へご連絡ください。
 

エアコンから水漏れがする場合は?

(1) エアコンのドレイホースの先にゴミなど詰まっていたら取り除いてください。

■網戸が外れやすい場合は?

(1) 網戸の上部にあるビスをゆるめ、はずれ止めを上に上げてください。(上げすぎますと、動かなくなる場合がありますので注意してください)




 

■テレビの写りが悪い場合は?

(1) テレビ用端子はきちんと接続されていますか?

(2) チャンネル設定をしていますか?

(3) 近隣者も同じような状況ですか?
 


 

■電気がつかない・切れた時は?

 

停電以外では、回路ブレーカーが下りたことが考えられます。

アンペアブレーカーが落ちる場合

 室内全体の電気量が容量オーバーしている可能性があります。

安全ブレーカーが落ちる場合

 落ちた回路の電気量が容量をオーバーしているか、ショート
   している可能性があります。

漏電ブレーカーが落ちる場合

 回路が漏電している恐れがあります。どの回路が漏電している
   かを探し、漏電している回路のブレーカーを下げて使用を中止
   すれば、それ以外の回路は使用できます。

  ※漏電している可能性のある箇所は絶対に手を触れずに、
         必ず当社へご連絡ください。


 

■換気扇が動かない場合は?




原因は換気扇の油汚れが考えられます。月に1回程度掃除するように心がけましょう。

 
 

■お湯が出ない場合は?



(1)地震のあとなど、ガスメーターによって自動でガスが遮断された場合があります。所定の復帰方法がありますので、ガス会社または管理会社にお尋ねください。
(2)給湯器のコンセントが差し込んであるか、給湯器の下のバルブが開いているか確認してください。停電以外では、回路ブレーカーが下りたことが考えられます。
 


■お風呂の水が流れにくい場合は?




排水管のつまりが原因と考えられます。排水トラップの掃除をこまめに
行ってください。

※髪の毛や異物が原因で排水管がつまった場合、工事費は自己負担と
   なりますのでご注意ください。
 
ユニットバスの排水口
(※部屋により形状は異なります)
 
グレーチングタイプの場合

グレーチングをはずし、ヘアーキャッチ、
封水筒を取り出します。
排水口カバータイプの場合

排水口カバーをはずし、
ヘアーキャッチ、封水筒を取り出します。

 

■排水トラップの出し方



(1) ヘアーキャッチをはずす
(2) 封水筒をはずす
(3) 中を掃除する




 

※修理故障等、直接業者へ頼んだものについては、修理費用は
   自己負担となりますのでご注意ください。 修理依頼は必ず
   管理会社・家主へご連絡ください。